レディ

補正の下着を着れば背筋がピンとなる|猫背を治そう

長く使うためには

ウィッグ

保管は専用スタンドを使用

医療用ウィッグを使用しない場合は、ウィッグスタンドに載せて保管します。専用台を使用せず、平らな場所に置きっぱなしにしておくと、型崩れしてしまう可能性があります。ウィッグスタンドは数百円から販売されており、100円ショップでも購入可能です。選ぶときは、できるだけ頭の形状に近いものを選ぶのがコツです。医療用ウィッグのメンテナンスについては、取扱説明書を必ず確認することが大切です。また、製作した医療機関等で、出来上がった医療用ウィッグを受け取るときに、医師から取扱についての説明を受けるのが一般的です。その時の注意点に従って日々のメンテナンスを行います。日常的なメンテナンスとして、使用後のブラッシングが挙げられます。医療用ウィッグをスタンドにセットし、ヘアブラシで4回から5回ほど軽くブラッシングするだけなので簡単です。毛と毛の間に挟まったゴミや埃を取り除き、見た目も美しくなります。あまりやりすぎると、摩擦により、抜け毛の原因となるので注意しましょう。ヘアブラシは、目の粗いものを選ぶとウィッグが傷みにくくなります。夏場などの汗をかく季節になると、雑菌の繁殖に注意が必要です。使用後に、地肌にあたる部分をタオルで拭き取り、汗で濡れている場合はドライヤーで乾燥させておくと、臭いがつきにくくなります。さらに、シャンプーをする回数を増やすのも効果的です。ウィッグをぬるま湯にしばらく浸けておき、シャンプーをたっぷりと泡立ててから使用するようにしましょう。